スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪の替え玉殺人、中国籍の女に無期判決(読売新聞)

 夫と替え玉男性2人の計3人を殺害し、夫の財産を詐取したとして殺人や詐欺などの罪に問われた中国籍の元スナック経営・尹麗娜(インリナ)被告(54)の判決が28日、大阪地裁であり、長井秀典裁判長は無期懲役(求刑・死刑)を言い渡した。

 長井裁判長は、3人のうち替え玉男性1人の殺害については有罪と認定。夫については傷害致死罪とし、別の替え玉男性の殺害は無罪とした。

 尹被告は2001年10月~02年2月、夫の加藤善一郎さん(当時77歳)と、加藤さんの替え玉に仕立てた高木清さん(同71歳)と近藤晃さん(同69歳)を次々に殺害、加藤さんの預貯金など約3200万円をだまし取ったとして起訴された。

 尹被告は昨年8月の初公判で、詐欺罪の一部について認めたものの、3人の殺害については「殺していない」と無罪を主張していた。

函館線運転再開、脱線列車2両を撤去(読売新聞)
小沢氏捜査 千葉法相「「公正公平、適正に行われていると承知」(産経新聞)
民家全焼、姉妹が焼死 石油ストーブ原因か 千葉・市原(産経新聞)
小沢氏、午後に聴取=都内で4時間予定-「認識」「原資」焦点に・東京地検(時事通信)
仙谷担当相が変節 本音は小沢氏の辞任求めたい?(産経新聞)
スポンサーサイト

秋葉原殺傷初公判 加藤被告 無関心から反省、謝罪の言葉も (産経新聞)

 「富豪と貧民。イケメンとブサイク。中間は、無い」-。屈折した感情を携帯電話サイトに書き連ね、凶行に走った加藤智大被告(27)。逮捕当初は被害者に関心のない態度で「世の中がいやになった」などと身勝手な動機を語っていたとされる。しかし、最近になって遺族や被害者全員に送った手紙に「当然死刑になると考えています。開き直るのではなくすべてを説明しようと思っています」などと記すなど、事件から1年半以上を経て、その心情に変化がみられる。

  [フォト]当時、携帯電話サイトに書き込まれた犯行予告

 加藤被告は28日午前10時前、東京地裁104号法廷に入廷した。逮捕当時よりもやせた体に黒っぽいスーツに白いシャツを身につけ、黒縁の眼鏡をかけて、髪を短く刈り込んだ加藤被告。傍聴席に向かって軽く頭を下げ、落ち着いた様子で、被告人席に座った。

 事件前、正社員ではなく派遣社員としての自分、彼女ができない自分をさげすむような言葉を携帯電話サイトに書き連ねていた加藤被告。別の携帯電話サイトに、「車でつっこんで、車がつかえなくなったらナイフを使います みんなさようなら」などと犯行予告、その内容を実行に移した。

 逮捕当初は被害者への謝罪もなく、淡々と取り調べを受けていたとされる。そんな姿が伝わるたび、屈折した感情を爆発させた壮絶な犯行とともに、一般人の理解を超えた、現代社会が生み出した“怪物”扱いもされた。

 しかし、加藤被告の取り調べを担当した検察官は「話をしてみるとごく普通の青年だった」と指摘。だからこそ、「なぜあのような犯行を犯したのか、余計に分からなくなった」と首をひねる。

 また、被害者の1人のタクシー運転手、湯浅洋さんも、加藤被告からの手紙を読み、「きれいな字で文章もしっかりしている。きっと、頭がよくてまじめだったんだろうと思います」と感想を漏らした。

 法廷では、起訴内容を認め、「私の償いは、どうして事件を起こしたのか明らかにすることです」と、用意した紙を読み上げ、謝罪した加藤被告。今後の公判の中で、自らの言葉で事件をどのように振り返るのか。採用された証人が多いため、被告人質問は夏以降になるとみられる。

【関連:秋葉原無差別殺傷事件】
【法廷ライブ】「おわびをさせてください」加藤被告、背筋を伸ばして謝罪
秋葉原無差別殺傷事件きょう初公判 争点は責任能力
街と社会を大きく変えた…アキバ無差別殺傷事件の傷跡
秋葉原事件の加藤被告、静かに記憶つづる
犯行は約2分間 現場再現し詳しく検証へ

保育所定員5年で25万人増、閣議決定へ(読売新聞)
考古学を一変?「卑弥呼の鏡は日本製」 桜井茶臼山古墳の波紋(産経新聞)
小1男児暴行死、全身にヤケドや傷の跡(読売新聞)
<ハイチ大地震>自衛隊の医療援助隊が出発(毎日新聞)
信念貫き頑張る=民主党の小沢氏(時事通信)

「銀座のママ金持ち」ひったくりの少年5人逮捕(読売新聞)

 未明の銀座でひったくりをしたとして、警視庁は22日、東京都江東区在住の私立通信制高校2年ら16~17歳の少年5人を窃盗容疑で逮捕したと発表した。

 発表によると、5人は昨年2月5日未明、東京・中央区銀座5の路上で、すし店店員の女性(54)に後方からバイクで近づき、現金約10万円などが入ったバッグをひったくった疑い。

 5人は江東区や千葉県船橋市、さいたま市に住む遊び仲間。「銀座のママは金持ちだと思い、江東区から銀座に進出した」などと供述しており、同庁は昨年1月以降に銀座周辺で計10件確認された女性を狙ったひったくり事件との関連を調べている。

「名護市選挙結果斟酌せず」 平野官房長官に与野党から批判(J-CASTニュース)
<訃報>大塚雄司さん80歳=元建設相、元自民党衆院議員(毎日新聞)
小沢氏、現職幹事長のまま検察と全面対決(読売新聞)
普天間、固定化の可能性も=のし掛かる先送りのつけ-名護市長選(時事通信)
小沢氏批判の金属弾入り封筒、民主党とテレ朝に(読売新聞)

自宅から女性用靴下300足=逮捕の男「興味あった」-奈良県警(時事通信)

 自宅から靴下ばかり300足-。奈良県警五條署が窃盗未遂などの容疑で現行犯逮捕した宅配業の男の自宅から、すべて女性用とみられる靴下約300足が見つかったことが25日、分かった。
 逮捕されたのは、奈良県五條市大津町、金丸知己容疑者(49)。同署によると、「女性の靴下に興味があった。荷物の配送中に盗みに入る家を物色していた」などと話しているという。
 逮捕容疑は21日午前11時50分ごろ、五條市の自営業の女性(37)宅の1階テラス部分に侵入し、干してあった洗濯物を盗もうとした疑い。 

【関連ニュース】
無職男、窃盗容疑で再逮捕へ=千葉大生殺害も視野
「銀座のママは金持っている」=ひったくり容疑で少年5人逮捕
映画にあこがれ、事務所荒らし=容疑で少年ら4人逮捕
行方不明の住職、食品万引き=現行犯逮捕「金使い果たした」
養鶏場金庫盗んだ容疑=元従業員ら3人逮捕

偽の「バイアグラ」販売、基準3倍超の錠剤も(読売新聞)
<訃報>神山喜一郎さん82歳=神山洋一日本農薬社長の父(毎日新聞)
5千万円授受の翌営業日、陸山会口座に同額入金(読売新聞)
橋下知事の支持率83%、依然高い水準維持(読売新聞)
陸山会の規正法違反、東京地検が態勢を増強(読売新聞)

谷垣総裁側近の2人がベテラン議員処遇で対立 (産経新聞)

 山崎拓元副総裁、保岡興治元法相、片山虎之助元総務相らベテラン議員の処遇問題で、自民党の谷垣禎一総裁を旧谷垣派時代から支えてきた川崎二郎国対委員長と園田博之幹事長代理の対立が深まっている。早期に事態を収めないと、谷垣氏の指導力が問われ、党運営にも影響しそうだ。

 山崎氏らは夏の参院選で、自民党比例代表候補としての公認を求めてきた。谷垣氏は20日、参院幹部らとの会談で、山崎、保岡両氏については22日までに公認は難しいとの意向をそれぞれに伝えるとしていた。しかし、山崎氏らとの会談は見送られ、片山氏の処遇も含めて24日の党大会後に先送りした。

 園田氏は今週初め、谷垣氏に「解決を一日遅らせるごとに、どれだけ自民党支持者が逃げていくか分かっているんですか」と、党大会前の決着を迫った。これに対して、川崎氏は国民新党入りをちらつかせる山崎氏らの離党を警戒し、拙速な結論を避けるよう求めた。結局、谷垣氏は川崎氏の主張を採用した。

 園田、川崎両氏をめぐっては、谷垣氏が総裁就任時に園田氏を幹事長に起用する構想を持っていたが、最終的には川崎氏の国対委員長起用を優先させ、園田氏を幹事長代理に“格下げ”した経緯がある。

 谷垣氏の判断には、他の旧谷垣派議員も「完全な与党ボケだ」と批判的で、今回も川崎氏に敗れた格好の園田氏は谷垣氏に不満を募らせているという。園田氏が徐々に谷垣氏と距離を置く可能性も出てきた。

 また、党の慣行で山崎派を離脱中の田野瀬良太郎総務会長が、22日の記者会見で「山崎、保岡両氏はすでに団体の推薦を取り付けている」と述べ、両氏への公認見送りの方針を決めている谷垣氏に反発する姿勢をみせた。

【関連記事】
山崎、保岡両氏の非公認確認 自民の参院選候補
片山虎之助氏、選挙区に難色「比例で出たい」
選挙区にも定年制を 自民若手らが改革案 
自民・青木氏が5選目指し出馬正式表明「議席守り抜く」
片山氏公認問題 党大会後に先送り

殺人否認の被告、3月に公判=裁判員裁判で初-静岡地裁(時事通信)
<ミスさっぽろ>女子大生と会社員、2人に決まる(毎日新聞)
小沢氏聴取、今週末が有力 妻にも打診(産経新聞)
天皇公的行為で政府見解へ=平野官房長官が表明-衆院予算委(時事通信)
いつも仲良し、ヒツジの「にっき」と「まっちゃ」 京都市動物園(産経新聞)

<石川議員逮捕>弁護人、取り調べ全過程の可視化申し入れ(毎日新聞)

 「陸山会」の土地購入を巡る事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕された衆院議員、石川知裕容疑者(36)の弁護人に新たに選任された安田好弘弁護士が17日、取り調べ全過程の録音・録画(可視化)を求める申し入れ書を東京地検などに送ったと発表した。

 申し入れ書で安田弁護士は「任意の事情聴取でも検察官は『容疑を認めないと帰さない』などと脅迫的な自白強要を行っている」と主張。「1日の取り調べ時間は4時間以内にとどめる」「1週間に少なくとも2日は取り調べをしない」ことなどを求めた。

 安田弁護士は死刑廃止運動の中心的存在でオウム真理教の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚の主任弁護人を一時務めた。98年に顧問先の会社の資産を隠したとして強制執行妨害容疑で逮捕され、1審は無罪、2審で罰金50万円の逆転有罪判決を受け上告中。

【関連ニュース】
裁判員裁判:取り調べDVD証拠に 仏画強盗公判で名地裁
千葉法相:取り調べ可視化導入に意欲 韓国を視察
布川事件:証拠開示十分ならば結論変わっていた…元裁判官
布川事件:新証拠なら「別の判決」 「実刑」「棄却」元判事、検察の対応批判
重大ニュース2009:日本と世界を変えた1年(その2止)

<雑記帳>遠野の「語り部」289人を認定(毎日新聞)
DPC分析システム「ヒラソル」、サービス停止で混乱(医療介護CBニュース)
徹底対決!民主が“検察リーク”対策チーム 小沢氏関連事件(産経新聞)
<参院>議員控室割り当て 自民党と民主党が場所を交換(毎日新聞)
自民・谷垣総裁、陸山会事件など21日に質問へ(読売新聞)

神社撤去…信教の自由脅かす 最高裁、バランス判断 差し戻しは“配慮”(産経新聞)

 重機が鳥居を押し倒し、祠(ほこら)を打ち壊すことは、逆に神道弾圧になりかねないのではないか-。違憲と判断しながらも、審理を差し戻した空知太神社をめぐる20日の最高裁大法廷判決は、政教分離というデリケートな問題について、一定の配慮を見せた判断だったともいえる。

 1審札幌地裁は、鳥居や祠を撤去すれば違憲状態が解消されるのに、これを北海道砂川市が神社を管理する空知太連合町内会に求めないことは違法とし、2審札幌高裁も支持した。最高裁は上告を棄却して、この判決を確定させるという道もあった。

 しかし、違憲状態の解消とはいえ、神社施設の撤去は、逆に神道信者らの信教の自由を脅かす。もっと穏当で現実的な手段を講じられないか。これが、差し戻した理由といえる。

 一方、今井功裁判官が違憲と判断したにもかかわらず、「違憲状態を解消する手段は市側が主張すべきことで、上告は棄却すべきだ」と反対意見を述べたように、裁判所が解決策を“助言”したともとれる今回の差し戻し判決に否定的な見方もある。

 ただ、同時に大法廷に回付されていた「富平神社」をめぐる訴訟で、1、2審は砂川市が神社敷地を地元町内会に無償譲与した行為を合憲とし、大法廷も支持して上告を棄却していた。

 こうした事情から、大法廷は「ほかの手段があることは当事者の主張の有無にかかわらず明らか」と結論づけた。その上で、富平神社訴訟で示された譲与という手段のほか、有償での譲渡や、適正な価格での貸し付けなどでも違憲状態を解消できると“提案”した。

 違憲状態を解消するはずの手段によって、神社の氏子らの信教の自由が不利益を被りかねないことから、大法廷はバランスを取ったともいえそうだ。

                   ◇

 ▼識者談話

 ■「歴史や実情無視」

 大原康男・国学院大教授の話 2つの判決のうち、神社が存在する土地が町内会に譲渡されたことを合憲とする判断は、その前提となる論理にやや問題は残るが、結論としては穏当だ。しかし、公有地上に神社が存在すること自体を直ちに違憲と判断したもう1つの判決は、歴史的沿革や国民生活の実情を無視するものである。この判断に従えば、各地の公有地に存在する類似の宗教施設も違憲であることになりかねない。そうなれば、国民生活に多大な混乱を巻き起こすことになり、懸念されるところだ。

 ■「形式的で無責任」

 百地章・日大教授の話 常識的に考えて、判決は遺憾なものである。公有地上に宗教施設があるというだけで違憲としており、あまりにも形式的で疑問の多いものといえる。最高裁は従来、政教分離を緩やかに判断してきたが、今回の判決は完全な政教分離に近く、これまでの判例との整合性が問われるのではないか。ただ、違憲とした基準はあいまいで、今後同様な場合で、裁判が続出する可能性もある。また、違憲状態を解消するための方法については、差し戻して高裁の判断に任せるというのも無責任な感じがする。

 ■「違憲明示、評価できる」

 熊本信夫・北海学園大名誉教授(行政法)の話 「本件は裁判官の意見が多様に割れたことから分かるように、判断の難しい事件だったが、公有地を神社施設に無償提供したことを違憲とはっきり示した点は評価できる。一方、過去に合憲とされた津地鎮祭訴訟の地鎮祭も、今回の提供により執行された神社行事も問題の根は同じだ。最高裁は地鎮祭を習俗的であり宗教的活動ではない、と判断していたが、今回の判決で両者の違いが十分に検討されなかったのは残念だ」

弘道会系組幹部を逮捕=偽バイアグラ販売容疑-愛知県警(時事通信)
拉致解決「困難だが期待」=飯塚代表ら、米特使と面会(時事通信)
「国民の理解得て参院選臨む」=民主・小沢氏(時事通信)
ゲーム喫茶60万円強盗、3容疑者逮捕 車ナンバーでアシ(産経新聞)
「厳粛に受け止め見守る」=石川議員逮捕で官房長官(時事通信)

南日本銀行員、当て逃げで逮捕=ナンバーの跡残り浮上-鹿児島県警(時事通信)

 車で玉突き事故を起こし逃走したとして、鹿児島県警鹿児島西署は20日、自動車運転過失傷害などの容疑で、南日本銀行調査役山下俊彦容疑者(57)=鹿児島市明和=を逮捕した。同署によると、容疑を認め「気が動転して逃げた」と話しているという。
 逮捕容疑は、9日午後6時15分ごろ、同市薬師の市道で車を運転中、渋滞で停車していた軽自動車に追突。さらに前方の2台に衝突させる玉突き事故を引き起こし、7~44歳の男女5人に軽傷を負わせ、その場から逃走した疑い。山下容疑者にけがはなかった。
 同署によると、山下容疑者の車のナンバーの一部が軽自動車のボディーに跡として残り、同容疑者が浮上したという。 

自民党 青木氏が出馬表明 高齢批判に反論(毎日新聞)
東京都心で初雪、平年より10日遅く(読売新聞)
橋下府知事のSPが倒れる(スポーツ報知)
<土地購入事件>「5000万円提供指示」と水谷元幹部供述(毎日新聞)
ペットめぐる口論で女性刺す? 殺人未遂容疑で会社員を逮捕(産経新聞)

小沢氏説明の銀行出金は原資に足らない3億円 聴取応じる意向(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、小沢氏側が土地代金の原資4億円に充てたと説明した信託銀行の口座から引き出された金額は約3億円で原資に足りないことが18日、関係者への取材で分かった。小沢氏は出金の翌年、妻名義で3億5千万円の融資を受けていたことも判明。多額の手持ち資金がありながら金利負担が生じる融資は不自然とみられる。東京地検特捜部は小沢氏に参考人聴取を再要請し、小沢氏も聴取に応じる意向を示していることが同日、明らかになった。

 小沢氏は16日の党大会で、4億円について「不正なカネを使っているわけではない。私どもが積み立ててきた個人の資金で、金融機関の名前、支店名も検察に伝えた」と語った。

 関係者によると、この信託銀行の口座からは平成10年に約3億円が引き出されていたとされ、特捜部もこの出金を確認したという。

 陸山会の会計事務担当だった民主党衆院議員、石川知裕容疑者(36)=規正法違反容疑で逮捕=も、原資について「小沢先生が父親から相続し、信託銀行に本人と妻名義で預けていた資産をバブル崩壊後に自宅で保管していたもの」と供述しているとされる。

 ところが、小沢氏は翌11年8月、東京都世田谷区深沢の自宅隣地約567平方メートルを妻名義で購入していた。登記簿によると、土地を担保に都市銀行から約3億5千万円の融資を受け、19年3月に抵当権が解除されている。融資返済に伴う金利負担は年約700万円近くで、利子の総額は計5千万円余りに上る計算だ。

 小沢氏側が主張する通りなら、自宅で保管している約3億円を使わず、わざわざ銀行から多額の金利負担が生じる融資を受けて妻名義で土地を購入するのは不自然といえる。

 約3億円は土地購入原資の4億円に満たないことや出金から土地購入まで6年間も経過していることなどから、特捜部は、小沢氏側が主張する約3億円が16年の土地代金の原資となった可能性は低く、小沢氏が虚偽の説明をした疑いもあるとみている。

 一方、10年前後に小沢氏が提出した資産報告書に、約3億円が出金したとされる口座への預金が記載されていないことも判明。信託銀行への金銭信託には公表義務があり、記載漏れの可能性があるとみられる。

【関連記事】
「天の声」期待 秘書を接待漬け “実弾”攻勢
本当に会ったことない? 石川容疑者事務所から水谷元幹部の名刺押収
小沢氏問題で民主に「暗闘の予兆」 世論調査結果に動揺
小沢氏元秘書の議員ら“沈黙” 「徹底追及」と野党
無党派層と女性の「民主離れ」が顕著に

小沢幹事長 「個人で積み立てた」党大会で説明(毎日新聞)
離婚めぐり逆恨みか=犠牲者は計3人に-死亡の容疑者・大阪居酒屋発砲(時事通信)
党大会開幕 共産党もチェンジ? 米国や財界に柔軟路線 連立政権への参加模索(産経新聞)
<自民党>中堅・若手議員が「70歳定年制」厳守の決議要求(毎日新聞)
富士市で32歳主婦刺殺 「自分が刺した」と男が出頭 雇用めぐるトラブルか(産経新聞)

<小沢幹事長>応答せず 聴取要請から1週間(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入に伴う会計処理を巡る問題で、小沢氏側が東京地検特捜部から任意の事情聴取要請を5日に受けながら、1週間後の12日になっても諾否の返答をしていないことが分かった。検察当局は政治的影響を考慮して18日の国会開会前の刑事処分を目指してきたが、前提となる小沢氏への聴取が不可能となる可能性も出てきたことから、予定通りの日程で処分が可能かどうか検討する模様だ。

 これまでの調べで、当時の事務担当者で小沢氏の私設秘書だった同党の石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=が04年10月上旬、小沢氏から現金4億円を受領。東京都世田谷区の土地476平方メートルを購入した。4億円は陸山会の政治資金収支報告書に記載されておらず、特捜部は政治資金規正法違反(不記載)で石川氏を在宅起訴する方針を固めている。

 小沢氏の周辺関係者は12日、毎日新聞の取材に、聴取要請に応じるかは「状況をみてから」と語り、態度を保留していることを明らかにした。

【関連ニュース】
小沢一郎幹事長:若い男が駆け寄り「辞職しろ」 群馬
陸山会土地購入:「先生に4億円返す」東京地検がメモ押収
組織対策費:民主党2議員に22億円支出 小沢代表就任後
陸山会不透明会計:石川議員が「やましい金は一切ない」
陸山会不透明会計:土地取引、小沢氏が選定に関与か

「児童」受給者は申請免除=子ども手当で-厚労省(時事通信)
内閣支持率、横ばい47%=不支持は増加-時事世論調査(時事通信)
若い男が小沢幹事長に罵声「辞職しろ!山形帰れ!」(スポーツ報知)
石川議員の元秘書、「秘書給与ピンハネ」疑惑も証言(産経新聞)
<ランドセル>男子の「黒」が復活 女子は5割が「ピンク系」(毎日新聞)

共産党、第25回大会が開幕 米大使館から来賓出席へ(産経新聞)

 共産党の第25回党大会が13日午後、静岡県熱海市の同党施設で4日間の日程で開幕した。初日は、志位和夫委員長が参院選や党勢拡大の目標を盛り込んだ大会決議案に関する報告をする。代議員による討議を経て、最終日の16日に採択される。大会は平成18年1月以来、4年ぶり。同党関係者によると今回初めて、駐日米国大使館から3等書記官が来賓の一人として出席する方向だ。

 大会決議案は、党勢拡大のため、保守層を含む国民各層との連携による「統一戦線運動」を進めるとした。その結果、「(共産党が加わる)民主連合政府を樹立する条件が開けてくるだろう」とした。また、夏の参院選の目標を比例代表5議席と東京選挙区の計6議席以上としている。16日には志位氏、市田忠義書記局長、小池晃政策委員長を留任させる党幹部会人事を決定する見通しだ。

【関連記事】
共産党、小沢氏資金問題などで集中審議要求
共産党、参院選選挙区の公認候補46人発表
志位共産党委員長、鳩山政権の新成長戦略を「机上のプラン」と批判
共産党大会に外国政党招かず 財政厳しく49年間で初
共産党、橋下知事に発言撤回求める声明

滋賀県幹部を収賄容疑で逮捕=部次長級、業者から850万円-県警(時事通信)
<アイヌ創作料理>修学旅行生向けに のぼりべつクマ牧場(毎日新聞)
踏切で快速電車に車衝突=遮断機破り突入か、1人死亡-奈良(時事通信)
【ゆうゆうLife】病と生きる 元ボクサー、俳優 赤井英和さん(50)(産経新聞)
丈夫な赤ちゃん待ってます、恒例の母羊散歩(読売新聞)

組織トップに2年で3千万円配当 ライブリーねずみ講事件(産経新聞)

 IT関連会社を装い、若者を中心に端末機代や登録料名目で約7億1千万円を集めた「ライブリー」(解散、大阪市住之江区)によるねずみ講事件で、勧誘の際にうたっていたインターネットのポータルサイトをつくる事業に充てられたのは、わずか約200万円だったことが14日、捜査関係者への取材でわかった。

 府警によると、無限連鎖講防止法違反容疑で逮捕された同社元役員、前田壮一容疑者(33)は約1900人の会員のトップに位置し、会社設立から約2年間で約3千万円の配当金を受け取っていた。

 捜査関係者によると、同社が集めた約7億1千万円のうち約2億5千万円はクーリングオフで会員に返還。約1億5千万円は配当金に回され、残りは人件費などに充てられていた。

 同社の収益の大半は会員から集めた出資金で、ポータルサイト事業の実現性はほとんどなかった。府警は、同社がねずみ講行為を隠すために端末機などの商品を介在させ、合法のマルチ商法を装ったとみている。

 逮捕された前田容疑者ら元幹部4人は「物(インターネット端末機)があるのでねずみ講にはあたらないと思っていた」「マルチ商法でねずみ講ではない」などと供述し、全員が容疑を否認しているという。

【関連記事】
ネット端末ねずみ講、被害2千人7億円超 容疑の業者逮捕
「2万2千円ポッキリで…」ねずみ講容疑で親子逮捕
レバノンのねずみ講、被害10億ドル 利用されたヒズボラも困惑
首都圏中心にねずみ講 容疑の無職女ら2人逮捕 埼玉県警
巨額詐欺認める ナスダック・ストック・マーケット元会長

地球温暖化防止応援団に加山雄三、上戸彩、杉山愛さんら(産経新聞)
横浜・金沢区の化学工場で爆発、数人けが(読売新聞)
「日米同盟深化が肝要」 首相が自衛隊幹部会同で訓示(産経新聞)
全国初 子供用携帯を都が推奨へ(産経新聞)
陸山会土地取引 「1億円は小沢氏側要請」水谷建設元幹部(毎日新聞)

傷害 「メッセンジャー」黒田容疑者 示談が成立、釈放へ(毎日新聞)

 大阪・ミナミのガールズバーの男性店長にけがをさせたとして、傷害容疑で逮捕された人気漫才コンビ「メッセンジャー」の黒田有(たもつ)容疑者(39)が店長と示談が成立し、店長が被害届を取り下げていたことが分かった。大阪府警南署は12日午後にも黒田容疑者を釈放する。一方、大阪地検は黒田容疑者を起訴猶予(不起訴)処分にする方針を固めた。

 南署によると、黒田容疑者は昨年12月25日午後9時ごろ、料金トラブルを巡り、店長(24)に暴行し、けがをさせたとして、友人の会社役員(40)とともに逮捕された。最近になって、店長と黒田容疑者らとの間で示談が成立した。

【関連ニュース】
黒田容疑者:「先に店長に手出した」 傷害の容疑認める
暴行:メッセンジャー黒田容疑者送検 複数の人が暴行目撃
漫才師逮捕:メッセンジャーの黒田容疑者 傷害で 大阪
はぐれ刑事純情派:最終回スペシャル 関西で視聴率21.7% 「すべらない話」は18.8%
メッセンジャー黒田容疑者:傷害認める供述を始める

小沢幹事長に「辞職しろ」、若い男詰め寄り拘束(読売新聞)
雑記帳 「サル温泉」…一日限りだけれどリラックス(毎日新聞)
<X JAPAN>米ハリウッドでビデオ撮影 ファンら魅了(毎日新聞)
羽田管制トラブル復旧 日航は15便引き返し・欠航、3千人影響(産経新聞)
<埼玉連続不審死>35歳の女 現金詐取の容疑で再逮捕(毎日新聞)

捜査員派遣を検討=被害194点、2億4500万相当-警視庁(時事通信)

 東京・銀座の貴金属店で高級時計が盗まれた事件で、警視庁は9日までに、相互に捜査協力をするため、香港に捜査員を派遣する方向で検討に入った。
 同庁によると、被害は時計194点、約2億4500万円相当と判明。これまでに146点について香港の警察当局に情報を伝え、104点が盗まれた時計と確認された。残りの分についても提供する。 

まつおのブログ
スプラッシュ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカード現金化 比較
携帯ホームページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。