スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【新・関西笑談】体感する「地球のいま」(2)(産経新聞)

 □京都造形芸術大教授 竹村真一さん

 ■「触れる地球」はまだ二十数個、全世界すべての小学校に届けたい。

 --デジタル地球儀「触れる地球」は、何台作られたのでしょうか

 竹村 まだようやく二十数個。国内では、東京の国立科学博物館や日本科学未来館、大阪では大阪ガスのガス科学館(高石市)などに入れてもらっています。愛・地球博や北海道・洞爺湖サミットにも招聘され展示しました。ヨーロッパなど海外にも広がりつつありますが、まだ博物館や博覧会が中心ですね。全世界のすべての小学校にあってほしいのですが…。

 --目標は高いですね

 竹村 すべての小学校に、という夢にはまだまだ遠いので、トラックに載せて、巡回授業で昔の紙芝居のような「ハイテク地球紙芝居」を、日本でも世界でも始めたいと思っています。

 --実際に「触れる地球」を作ろうと思った原点は

 竹村 一つは、20代のころに世界を巡ったことですね。南極以外はほとんど行ったというくらいに、アマゾン、チベット、インド、アラビアの砂漠など、ずいぶん巡りました。国の数は70以上だと思います。

 でも、そういう地球の状況を言葉で説明しようとしても、なかなかわかってもらえない。私が見てきたような地球、というものを伝えようとするときに、言葉の限界を非常に感じたということもありました。

 --なるほど

 竹村 そうやって世界を歩いていた1980年代には、地球温暖化という言葉は知られていなかったけれども、森林破壊や環境汚染は深刻でした。例えば私がフィールドワークをした赤道直下のボルネオ島の奥地でも、森林伐採で森が失われており、その森林伐採を進めているのは、実は日本の企業でした。

 私たちの暮らしが、こういう遠いところにも影響を与えているんだということをずいぶんと感じさせられて、やっぱり僕らは否応(いやおう)なしに“地球時代”に生きているんだと感じました。

 --私たちの暮らしも、世界につながっているのですね

 竹村 僕は「毎日、地球を食べ、地球を飲んでいる」という言い方をするんですけれど、例えばコンビニエンスストアで和食弁当を買ったとします。そこに入っている塩ジャケとか焼き鳥とか、いかにも日本食という感じがしても、シャケはノルウェーから来ていたり、チキンはブラジルから来ていたりする。チキンのしょうゆダレは日本産だろうと思いきや、原料の大豆はほぼアメリカから来ていたりします。

 僕らは毎日、地球を食べ、その食材を生産するのに大量の外国の水を消費している。一説には、日本人は毎日3千リットルの水を消費しているともいいます。

 --影響は大きい

 竹村 一度も外国へ行ったことのない人でも、どっぷり地球とかかわり合って生きている。でも、そういうグローバルな時代に見合う情報環境がないから、僕らはそういう自覚がまったくないですよね。

 --「触れる地球」は、自分たちがどう地球とつながっているかを見つめ直すツールになりますね

 竹村 それが一つ。また最近、地球温暖化などの深刻な問題をよくメディアで見聞きするけれども、実感がないですよね。だけど本当に地球温暖化がこれだけ進行しているんだとか、本当にダイナミックな地球が見えてくる。そういうものがどうして当たり前に小学校にないんだろう、どの小学校にもあればもっともっとみんな地球のことを考えるようになるはずだ…そういう思いがあります。(聞き手 溝上健良)

自民 谷垣総裁「政治生命かけ参院選戦う」 全議員懇談会(毎日新聞)
民主・石井一議員の自宅から1000万円盗難(読売新聞)
「福島美少女図鑑」モデル女性が配布へ(読売新聞)
遺族側が被害者参加制度適用を申請 兵庫・明石歩道橋事故(産経新聞)
<アレルギー>抑制分子を発見 筑波大教授ら(毎日新聞)
スポンサーサイト

「島の結論出ている」=一斉に反発―鹿児島県・徳之島(時事通信)

 米軍訓練の移転先候補地として、日米両政府共同声明に明示された鹿児島県・徳之島。関係者や住民は一斉に抗議、反発した。
 鳩山由紀夫首相と7日に会談し、直接「絶対反対。断念を」と要請していた同島・伊仙町の大久保明町長。「徳之島」の名前が出たことに「島の結論は既に出ている。それを逆なでするような政府の考えには、これからも徹底的に抗議する」と改めて反発した。
 3月に島内で開かれた反対集会で母親代表として登壇、「子供の未来には基地も訓練施設もいらない」と訴えた徳之島町の保育士磯川真理枝さん(39)は「県外の名前を出さないと沖縄の人が納得しないから徳之島が出たのではないか。しっかりした説明もなく、適当さに腹立たしさを感じる」と憤りをあらわにした。
 徳之島空港近くでアオサ養殖をしている「とくのしま漁業協同組合」の組合長元田隆丸さん(78)=伊仙町=も「民意を大事にすると言ったはず。鳩山さんは信頼できない」と語気を強めた。訓練移転に伴う滑走路拡張で、近くの海が埋め立てられるという話も地元ではうわさされており、養殖への影響を懸念する。「どんな条件を持ってこられても断固として反対。命をかけて守る」とまくし立てた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】無人機プレデター&リーパー~忍び寄る死神~
〔特集〕F35ライトニング戦闘機~次期主力戦闘機の有力候補~
米兵少年に懲役3~4年=裁判員「県民感情に流されず」

日中韓首脳会談 共同記者会見の要旨(産経新聞)
JAL・FDA機、最後の“ツーショット”(読売新聞)
シンドラーエレベーターのロープ破断 渋谷の歩道橋(産経新聞)
<野ヤギ>被害に即応、無許可で駆除可能に 鹿児島・奄美大島を構造改革特区へ(毎日新聞)
【中医協】高度医療2技術を了承(医療介護CBニュース)

裁判員制度 裁判官も「良い経験」…東京高裁で意見交換会(毎日新聞)

 裁判員制度開始から1年を迎えた21日、裁判員裁判を担当した刑事裁判官が感想や今後の課題を話し合う意見交換会が東京高裁で行われた。東京、横浜、さいたま、千葉の各地裁と東京地裁立川支部の裁判官計12人が参加し、「裁判官にとっても良い経験だった」などと意見を述べた。

 東京高裁では初の開催。大阪高裁は20日、名古屋高裁は21日に同様の会を開いている。

 裁判員裁判を経験した感想について、東京地裁の丸山哲巳裁判官は「裁判員の方と同じように私も始まる前は不安を感じていたが、終わったら良い経験だった」と語った。10件を担当した千葉地裁の栃木力裁判長は、裁判員選任手続きについて「候補者の出頭率の高さは、うれしい誤算。現在は必要以上の方を呼び出しており、改善すべきだ」と話した。

 横浜地裁の大島隆明裁判長は、検察側や弁護側の立証方法について「準備に時間がかかりすぎ、公判前整理手続きが長引く要素の一つになっているのでは」と指摘した。また、裁判員の緊張をほぐすための工夫として、東京地裁の馬渡香津子裁判官は「裁判官は異動が多いので、任地の思い出を話して場を和らげている」と話した。

 さいたま地裁の田村真裁判長は、評議について「裁判員は、思った以上に感情に流されることなく冷静に判断している」と述べた。立川支部の柴田誠裁判官は今後の課題を「責任能力など法律家として感覚で分かっていたものをきちんと説明する必要がある」と話した。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
裁判員裁判:起訴1年公判日決まらず 鑑定医の事故で延期
裁判員制度:施行1年 千葉法相「理念が定着しつつある」
裁判員制度:会見へ協力求める 新聞協会が文書公表
裁判員制度:「法廷技術向上、弁護士に必要」日弁連会長
裁判員制度:530人に判決、無期懲役は8人…開始1年

焦土の東京、写真にはっきり=最後の大空襲前後―地図センター(時事通信)
<兵庫県警>巡査 「いい女の子紹介して」と交通違反見逃す(毎日新聞)
病院の病床、9か月ぶりに増加-2月末概数(医療介護CBニュース)
カルテ開示、年30件未満が7割超(医療介護CBニュース)
口蹄疫「私に反省するところはない」赤松農相(読売新聞)

<小沢幹事長>「『犯罪ない』結論出た」 会見で強気発言(毎日新聞)

 「事務所、政治団体が強制捜査の対象となり、(その)結果として『不正な闇献金はもらってない』『その他の実質的な犯罪も何もない』という結論が出たわけです」。東京地検特捜部による3度目の聴取を15日に受けた民主党の小沢一郎幹事長は17日、定例の記者会見で強気の発言を繰り返した。一方で再聴取については、言葉を選びながら「丁寧に答えたつもりでございます」と述べ、低姿勢ぶりをアピールした。

 午後5時過ぎ、民主党本部にグレーのスーツと桃色水玉のネクタイ姿で現れた小沢幹事長は、政治倫理審査会を巡る質問に対し長年の政治歴を暗に誇示した。「私が議院運営委員長の時に各党合意で作ったものでございますが、あなた方はまだまだ若いころの話だから、よくその趣旨は分かっていないかもしれないけれど」。体を小刻みに揺らし、時折、厳しい視線を投げる。各種世論調査などで国民の納得が得られていないとの質問には「あなた方の報道(が原因)でしょうね」と「小沢節」をさく裂させた。

 ただ、質問が再聴取の内容に及ぶと丁寧な口調に。「前回の(1月聴取時の)記者会見で申し上げたことと、ほぼ、というよりほとんど一緒のことでしたが、いわゆる再確認と。改めて、おうかがいしたいという話でございまして、その求めに応じて、自分自身としては、分かりやすく丁寧に答えたつもりでございます」と語った。【大場弘行、杉本修作】

【関連ニュース】
陸山会事件:石川議員から任意聴取 小沢氏との共謀を否定
小沢幹事長:政倫審公開「どちらでも」 証人喚問は否定
小沢氏:特捜再聴取 元秘書らの供述確認中心に50問
民主・山岡氏:「小沢氏は不起訴」
陸山会事件:小沢氏3度目聴取 月内「不起訴」も

橋下知事 基地機能分散「順位高いのは関西」(産経新聞)
【チャイム】もうすぐ見納め「日本一過密な単線踏切」(産経新聞)
首相動静(5月11日)(時事通信)
女子高生にわいせつ 容疑の塗装工を逮捕(産経新聞)
岸和田の住宅密集地で火事、近隣に避難呼びかけ(読売新聞)

<石綿>ヤンマー製コンバインの部品に含有 無償交換へ(毎日新聞)

 ヤンマーは6日、コンバインの部品に法定基準(重量の0.1%)を超える石綿が含まれていたとして、販売店などを通じて部品を10日から無償交換すると発表した。

 部品の生産を委託した中国企業が指示を守らず、法定基準以上の石綿を含むゴム製パッキンを使用していた。石綿はパッキンに練り込まれ、パッキンも密封されたケース内にあり、飛散の恐れはないという。

 対象のコンバインはこのパッキンを使って、07年2月~10年1月に製造した計1347台。型番はAG460、AG467、AG470、AG570、AG572。【青木勝彦】

【関連ニュース】
石綿:中皮腫死の教員に労災認定 学校での被害認定は初
アスベスト:中皮腫死、教諭の公務災害認定へ 小学校、体育館の石綿原因
アスベスト:石綿被害で建設関係者提訴 県内は38人 /神奈川
街かど:アスベスト被害者の会発足へ /京都
トーヨーボウル:廃虚10年…ヤオマサが取得、解体へ 解決に道筋--大井 /神奈川

<NPT会議>藤沢市長「具体的行動を」 父が原爆惨状目撃(毎日新聞)
格安宿泊・金利優遇…「子ども手当」商魂過熱(読売新聞)
東京・大阪で、若さの栄養学協会講演会(医療介護CBニュース)
財政健全化と社会保障改革は密接不可分―民主研究会が公約案(医療介護CBニュース)
NPT会議 紙芝居で「核廃絶」訴え…長崎の高校生(毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。